発達障害の症状は周りの理解が必要【発達に関する問題は病院へ相談】

笑顔

自閉症を知っていますか

医師

発達障害は主に自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害などの特徴的な症状からなる障害です。知的障害を有する場合とそうでない場合にわかれます。発達障害を持っていることを告白している有名人が増え、社会的にも多くの人から認識されるようになってきました。

Read More...

大人と子供の障害

子供

発達障害は子供にも大人にも現れます。現在では心療内科や精神科でこういった発達障害の治療が行なわれており、症状別に的確なアドバイスが得られるとして人気です。今後は新たに病気が発見されるケースが増えていくと考えられます。

Read More...

障害を持つ人へ

子供

障害を乗り越える

発達障害とは、自閉症やアスペルガー症候群などの総称です。脳機能に何らかの障害を持って生まれた子供などが低年齢の時に発症することが多いため、発達障害と言われています。生まれつきの障害であり、コミュニケーション能力や対人能力が人よりも少し劣っていることが多いです。うまく話したいのに話せない、どんなふうに人と接したらいいか分からないというような症状があります。病気である自分自身でも、なぜ上手く自分の気持ちをコントロールできないのか分からないため、心のやり場がなく余計に混乱してしまうこともあります。混乱している時にその行動を否定してしまうと余計に症状を悪化させることにもなりかねません。ひと昔前であれば、それは病気であると認められていなかったですが、最近になってそれが病気であると認められはじめました。しかし病気であるという認識はされていても、その症状は少し変わった子であるとか困った人であるということとそれほど変わらないため、病気だと気付かれないことが多いです。そのため、親のしつけがなっていないからだというようなイメージを持たれてしまい、敬遠されることは少なくありません。発達障害には様々な種類があります。

具体的な病気の内容は

発達障害の種類はいくつかあります。それぞれに特徴的な症状があります。一つ目が広汎性の発達障害です。その中でも自閉症が代表的なものです。自閉症の症状は言葉の発達の遅れやコミュニケーションの障害、対人関係の障害などです。3歳になる時までに何らかの症状がでることが多く、自閉症の人々のほとんどが知能障害がありますが、知能障害がない人もいます。次に注意欠陥多動性障害です。物事に集中できなかったり、じっとすることができなかったり、衝動的な行動をとったりする症状があります。通常は7歳以前にこの症状が現れることが多く、成長すると共にその症状が消えていくことが一般的です。思春期の頃にはほとんど目立たなくなります。次に学習障害です。この名前の通り、読んだり書いたり、覚えたりといった行為が著しく苦手であることが多く、これを改善することは難しいと言えます。全体として、知的な発達はないのもその特徴です。最後に吃音です。これは一般的な言葉で言えば、どもってしまうということです。ちゃんと話そうとするのにどもってしまい上手く話せないため、人前で話すことが苦手になってしまいます。発達障害は身近にある病気であり、周りの人も気づいてあげる必要があります。

芸能人が告白した心の病気

子供

発達障害は有名人の告白によって社会的に知られるようになったのですが、症状としては色々あります。先天性の脳機能障害が原因ですが、治療法はまだ確立していないのです。周囲の理解がないと二次障害を引き起こすこともあるので、暖かい目で見守ることが大事です。

Read More...

生まれつきの障害とは

医師と看護師

発達障害は生まれつきの病気であり、その原因は脳に何らかの影響があることによって起きます。その症状は、自閉症やアスペルガー症候群など、コミュニケーション能力が著しく欠如していることが多いです。また注意欠陥多動性障害は、じっとしていられないといった症状が多く、7歳以前の子供にでやすいです。

Read More...