発達障害の症状は周りの理解が必要【発達に関する問題は病院へ相談】

笑顔

生まれつきの障害とは

医師と看護師

障害を乗り越える為に

発達障害とは、その名前の通り発達段階で症状のでる、生まれつきの病気です。その発達障害の種類についてはいくつかあり、その種類によっても症状が少し違ってきます。主にこの発達障害を持つのは子供がほとんどです。発達していく段階で治っていく症状もありますし、日常生活を送るという点において、特段の問題がない場合もあります。発達障害の起きる原因は、生まれた時に脳に何らかの影響があることによって起こります。具体的に発達障害かどうかは生まれてくるまでわからないことが多いといいます。他の障害のように目に見える形で、症状がでるわけではありません。社会生活を送る上で、コミュニケーションの障害や社会に溶け込めないことなど、精神的な病気と類似しています。小学校などに通う段階になって、その症状がでることが多いです。一見病気とは分かりにくいために、ただ落ち着きのない子であると思われたり、親のしつけが悪いことによってそのような状態になっていると思われることがあります。以前よりは格段にその症状と発達障害について理解されてきましたが、やはりまだ理解されていない部分もあります。発達障害においては周りの理解とサポートが何よりも必要です。

具体的な種類は

発達障害にはいくつも種類があります。まず、広汎性発達障害です。コミュニケーション能力や社会的な生活を送る上での障害のことを言います。この障害になると、他の子供と同じように言葉がなかなか発達しなかったり、コミュニケーション能力が著しく欠如していたりする症状があります。この中でもいくつかに分類され、自閉症やアスペルガー症候群がその有名な障害の一つです。自閉症は言葉として聞いたことがある人もいると思います。コミュニケーションがとりにくかったり、対人関係をうまくとれなかったりします。また言葉の発達遅れが目立つため、自閉症はそこによって気づかれることが多いです。アスペルガー症候群も広い意味でいえば、自閉症の一つではありますが、自閉症のように言葉の発達遅れがありません。その為すぐに気づかれることがないのですが、成長するとともにその不器用さが目立つようになり発覚することが多いです。そして注意欠陥多動性障害です。その症状は集中力が極端になかったり、じっとしていることができず、考えるより先に行動してしまったりします。この症状は小さい子供、具体的には7歳以前におきることが多く、それを過ぎると症状がおさまります。