発達障害の症状は周りの理解が必要【発達に関する問題は病院へ相談】

笑顔

自閉症を知っていますか

医師

歴史上の人物も該当します

発達障害についてどんなことを知っていますか。最近はニュースやテレビなどでよく耳にする機会も増えてきました。有名人や芸能人で、発達障害であることを告白した人もいますね。アスペルガー症候群、自閉症なども発達障害に含みます。これらの症状を持った有名人や歴史上の偉人は、比較的沢山います。沢山の人々が症状と共に生きてきたと言えるでしょう。医学的は先天的な脳の機能障害のことです。知的障害を伴わない場合がほとんどですが、他の人とのコミュニケーションに対して弊害を感じたり、普通の社会生活を送ることにやや困難を覚える人もいるようです。発達障害の一つであるアスペルガー症候群は有名ですが、アスペルガー症候群の人は、計算など学習の面では、一般の人より優れた成績を収めることも多くあります。ただし相手の気持ちを想像することが難しく、そのため人とのコミュニケーションを取ることが出来づらいというのは有名です。発達障害の主な特徴として良く名前が挙げられるのが、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害などです。これらは個別の症状ではなく、個人の持つ特性が、複数のものに当てはまるような人もいますし、年齢などで症状の変わってくる人もいます。

どんな症例があるのか

自閉症は主に言葉の遅れ、コミュニケーションの不得意さ、特定の行動へのこだわりが見られるものです。知的障害を伴う場合も多くありますが、全てにおいてこの通りではありません。アスペルガー症候群では、言葉の遅れは基本的にありません。コミュニケーションの障害、行動や興味のある分野の偏り、特定の分野に対する不器用さなどが症状の特徴としてあげられます。相手の気持ちを思いやると言うことができないという人も多くいます。知的障害はほぼありません。注意欠陥多動性障害は、長く一つの事柄に集中できない、じっとしているのが苦手である、衝動的に行動してしまい、まず考えてから動くということができない、というところが特徴です。学習障害は、読み書きや計算などの能力が極端に苦手である点が一番の大きな症状です。症状を改善したり、弱くするということは治療によっては可能ですが、大多数の場合は一生を通して継続する障害です。これらの障害が社会的に認識されてきたのはごく最近のことです。知的障害を持っているという誤解を受けやすいですが、発達障害を持つ全ての人が、知的障害を持っているという訳ではありません。これらの発達障害を持つ児童や幼児に対して、特別支援教育なども行われています。